HOMEマーケティングマーケティングの定義定義の概要と現状の推移売れる仕組みマーケティング論

マーケティングの勉強

マーケティングとは

マーケティングとは20世紀初頭アメリカにて、大量生産・大量消費・供給過剰・モノ余りの時代の到来とともに始まった「考え方」。作っても売れないで余るようになってきたので、それまでの「生産者の論理」から「消費者の論理」へと発想の転換が必要になった。マーケティングの定義はいろいろあるけど、基本は「消費者視点(世論・株主等も含む)」。

派遣からアウトソーシングへ

リフォーマーのご提案は、派遣から請負へ、段階的・計画的な移行をはかるアウトソーシングモデルです。
継続派遣に伴う問題を解決できるうえ、「将来の事業変動へ機動的な対応、要因・管理コストの低減、技術・技能の蓄積・継承」を同時に実現します。
中長期にわたって、品質・生産性・コストのすべてにメリットを生み、お客様企業の持続的な事業の発展を支えます。



マーケティングの歴史

19世紀末期から20世紀初頭にかけて誕生したとされる。
特に1950年代にマネジリアル・マーケティングが現代マーケティングの始まりであるとも解される。 その後、1960年代にマーケティング・マイオピア(セオドア・レビットの提唱)、マーケティングの拡張論、戦略的マーケティングが提唱され、1970年代にソーシャル・マーケティングが誕生し、サービス・マーケティング、マクロ・マーケティングなど、マーケティング概念の拡張化が進んだ。
1980年代にはグローバル・マーケティングやローカル・マーケティング、メガマーケティング、リレーションシップ・マーケティング、インターナル・マーケティングが誕生し、1990年代には経験価値マーケティング、2000年代にはソーシャル・メディア・マーケティング、社会的責任マーケティング(CSRマーケティング)などが誕生している。 アメリカでのマーケティングの歴史は、農産物の流通問題の解決から始まった。また、1870年代に登場したのカタログ販売による小売業の発展とその訴訟もマーケティングの歴史の一つで、最も有名なのはシアーズ・ローバック社の欠陥商品をめぐる裁判で、マーケティングの誕生は、騙し売りの訴訟も語られることは少ないものの、歴史の一つになっている。



マーケティングリサーチの意義

企業などの組織が、商品・サービスを提供するにあたって、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用することができる。この顧客を知る活動がマーケティングリサーチなのである。
商品・サービスの享受者である顧客(消費者など)側からみれば、マーケティングリサーチが行われると、自らの望む商品・サービスを利用することができることにつながっていくので、欲しくない・必要でない商品などの開発による無駄なコストが価格に転嫁されることを防げる面もある。
マーケティングリサーチは、このように顧客から企業へ今必要なものを伝えることが出来る活動とも言えるが、「お客様相談センター」などが、顧客側から企業へアプローチされるのに対し、マーケティングリサーチでは、企業の側から顧客へアプローチするという違いがある。
この特徴により、「自分から進んで文句を言わないが行動で示す(商品を買う・買わない)」多くの顧客の意見を商品・サービスに利用できる調査である。